スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[Xbox360] シュタインズ・ゲート感想

2009/12/05
ネットで話題になり口コミで販売数を伸ばしたシュタインズ・ゲートをプレイしました。
一応埋められる要素はすべて埋めて、実績も1000にしてます。
大体35時間くらいだったと思います。

ノベルゲーの中でも最高傑作じゃないかという声もちらほら聞いていたのでかなり期待しての購入。
ただ、同じ会社でテーマを同じくするカオスヘッドノアは期待外れだったので若干不安もありましたが。。
率直な感想としては、似たテーマの他のゲームとの比較でいくと
EVER17>>(越えられない壁)>>シュタゲ>>>>カオヘって感じでしょうか。
確かにおもしろいのはおもしろいですし、色々よく考えられているなとは思いますが、ここまで賞賛される作品かというとそれもちょっと違う気がします。

ゲームのコンセプトは厨二病+けっこう本格的なSF(出てくる理論の真偽は別として)といった感じです。
この厨二病ってのがくせもので、序盤はテキストの大半が妄言垂れ流しです。
あとカオスヘッドと一緒でネットユーザーをターゲットにしているのか、2ちゃん用語なんかのスラングが当たり前のように使われます(ゲーム内での用語解説があるので知らないでも意味はわかります)。
この厨二病と2ちゃん用語が僕にはけっこうきつかったです。
正直リアルの世界でこういう言葉を使っちゃう人は気持ち悪いと思ってしまうので、延々垂れ流されるとけっこう苦痛で、しかもそのテキスト量がかなり多い。
こういった部分でプレイする人を選ぶというか、受け付けない人は本当に無理だと思います。
主人公のこういう性格や、そうであるからこその意外性、成長がある種の複線や盛り上げる要素になるのは分かるんですが、ここまでこだわる必要はあるのかなと思ってしまいます。

一方ストーリーの要でもあるSFの部分はけっこう楽しめました。
シュレディンガーの猫や、バタフライ・エフェクト、カオス理論などSFにそれほど馴染みがない人でもけっこう親しみがあるような言葉もけっこう出てきますし、様々な難しそうな話が出てきてもその都度丁寧に説明してくれるので置いてきぼりになりません(親切にも図入りで説明してくれることもあります)。
さらにストーリーにおいて必ず把握しておくべきことはそれほど多くなく、そう複雑でもないので重要な点だけ押さえておけば概要は把握できると思います。
タイムトラベルは古今東西で使い古されたテーマですが、現実での最新の理論(と思われるもの、詳しくないのでよくは分からないです)と架空の理論がうまく組み合わされて妙な現実味を持っています。
序盤で色々な否定説を挙げているのも逆に効果的でした。

キャラクターは良くも悪くもギャルゲーの域は出ないなといった感じです(本作はギャルゲーではないとは思いますが)。
もちろん魅力的であったりかわいかったりはするんですが、いわゆるテンプレ通りなのは否めません。
ただ典型的なギャルゲーと違って、ストーリーがしっかりしているのでさほど気にしないでいい部分だと思います。
声優さんの演技はとてもしっかりして不満に思うところはありませんでした。
そして絵がとても個性的で味があります。
人によっては受け付けないところがあるかもしれませんが、背景なんかもしっかり描かれていて個人的には好感が持てましたし、世界観とも合っていると思います。

音楽は、OPこそ映像と相まってけっこう引き込まれますが、作品全体としては特に印象には残りませんでした。
どんな曲があったっけ...

システム周りは丁寧につくられていて不満に感じる点は特にありませんでした。
スキップも早くて快適です。
ただ実績埋めのときなどにメールの選択肢を間違えると戻って選び直せないので、オートセーブを含めてセーブデータはしっかり管理しとくといいと思います。

日常から非日常への移り変わりが非常にうまく描けていると思います。
序盤の日常の部分では、上に挙げた主人公の妄想全開の痛いセリフや、ネットスラングなどがこれでもかというくらい使われて辟易しましたが、中盤以降はそんなこと言ってる場合じゃなくなったのか徐々に減っていき、物語も加速し始めてのめり込むことができます。
さらに主人公の痛い言動が最初はただただ痛いだけなのに、終盤になってくると同じようなことを言っていてもかっこよく聴こえるのはうまくできてるなと思います。
気になる点としては、タイムトラベルというテーマと、主人公の行動が世界の形を変えていくセカイ系ということでしょうがないのかもしれませんが、ややご都合主義というか、世界の重みと自己満足の重みのバランスがとれてないように感じます。
タイムトラベルの安売りのせいでちょっと物語が安っぽくなってるのも否めません。
あとこういったゲームをするときどうしても気になるのが主人公のヘタレっぷりです。
もちろん主人公はただの一般人という設定なので、悩んだり逃げたくなったりするのは当たり前なので葛藤すること自体を否定するわけではないのですが、せめて常人のすると思われる当たり前の行動をとってほしいです。
実際こういう場面に遭遇したらそんなにうまくは行動できないというのは分かっているんですが、こっちはゲームと分かってやってるので過剰にグダグダするとイライラしてしまいます。

trueエンドまでの流れは演出を含めてとてもよくできていたと思います。
特に演出は(ネタバレしたくないので詳しくは書きませんが)秀逸でした。
きれいにまとまっていてある点を除けばすっきりした終わり方だったと思います。
このある点ってのが自分的にはけっこう引っかかったんですがまあ置いときます...
キャラごとの個別エンドはある意味バッドエンドでもあるので、すべて見てからtrueエンドを見るのがいいと思います。

最初はややとっつきにくい部分もありますが、物語のパーツがある程度出揃ってからはのめり込めると思います。
話としてもとてもよくできていて、終わったときにはすっきりできるかと思います。
問題点の方を多く書いたような気もしますが、全体的にはいいゲームだったと言えます。
ちょっと肩透かしな感じもありましたが、それも前評判で期待し過ぎたためで、一定の標準は十分クリアしていました。
ノベルゲームが好きな方は普通に楽しめると思います。
comment (4) @ Xbox360総合
[Xbox360] ベヨネッタ実績コンプ | [PS3] 428感想

comment

No title : なつき @-
おぉ、シュタゲコンプおめでとうございます('∇')
まだ自分はプレイしていない身ですが、非常に参考になりました~。
いつも思いますが、くろふねさんのレビューは内容も濃く、かつ読みやすくまとまっていますよね。画像に頼りきった自分のおざなりな数行レビューが恥ずかしくなります^^;
プレイ中に気になった点やポイントなど、メモを取られている感じでしょうか?
 シュタゲはポチりたいんですが、やはり一応カオスヘッドはこなしておいたほうがいいんですかね…それが気になって買えずにいますw
2009/12/06 Sun 18:38:29 URL
No title : くろふね @-
一日10人くらいしか訪問者のないブログでそんなこと言ってもらえるなんて非常にありがたいです;w;
僕としてはなつきさんのようにキレイなSSを活かしたブログの方が魅力的でうらやましい限りですが...
気になった点なんかはメモは取らないですが、こんなこと書けるかなって感じでプレイ中に頭に留めて置く感じですね、で記事を書くときにはけっこう時間かけて色々思い出しながら書いてるので無駄が多いと思いますw
シュタゲはカオスヘッドやっていなくても全然問題ないですよ^^
カオスヘッドやってると少しニヤリとできるネタもありますが、それも全体からすれば本当に極極一部で、特に知ってる必要もありませんよ~。
なのでそこだけが引っかかってるんなら買っても問題なしです^^
2009/12/07 Mon 13:51:48 URL
No title : なつき @-
いやいやー、そんなことないですよw
キーボードのボタン1つで綺麗な画像がバンバン取れるのはブログを書く上で確かに役立ちますが、やっぱり文章力は落ちますね。画像貼ればわかるでしょ、みたいな感じで文を工夫しなくなってしまう…読み返して手直しすることも結構ありますw
 シュタゲはカオスヘッドやってなくてもだいじょぶですか!このあとFF13が来るので少し先になりそうですが、年末年始休みでプレイしてみようかなぁ…
2009/12/09 Wed 02:30:34 URL
No title : くろふね @5uE6dEgY
僕もキャプチャーできる環境を整えたいんですが、そこまで回るようなお金が一切ないので当面はこのままですw
色んなブログ見てても、画像がある方が見てる方も楽しいんですけどしょうがないです;w;
シュタゲはほとんど分岐はないですし、実績もちょっと手間かかるくらいなのでプレイ自体はかなり楽ですよ。
大体40時間あれば全部済むと思いますよ~。
2009/12/10 Thu 13:52:01 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。