FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

期待の新作とか龍が如く見参!の話

2009/06/28
スクエニが謎のカウントダウンを開始しました。
http://www.square-enix.co.jp/0706/
「4」という数字がヒントみたいですが、今のところロマンシング・サガ、もしくはサガシリーズじゃないかという説が有力です。
背景とかそれっぽいですよね。
聖剣シリーズっていう意見もありました。
ロマンシング・サガシリーズは1,2,3通してかなりプレイしたシリーズなのでロマサガ4だったらいいな~。
でも携帯機でサガ4ってのも十分有り得ます。
ただ前回のカウントダウンのときは昔好きだったバハムート・ラグーンの次回作と勝手に思ってたらDSの新作でがっかりしたのであんまり期待しすぎない方がいいですね。

トライエース期待の新作エンドオブエタニティでは新キャラの女の子が公開。
あれ...なかなかいいじゃない...
リーンベルという名前で戦闘にも参加するみたいです。
開発者のブログなんかを見ると世界観等かなり練ってつくってあるみたいで、気合が入ってます。
発売前はみんな威勢がいいですよね...

ロロナのアトリエはファミ通によるとアトリエシリーズの原点に立ち返った作品のようです。
のんびりとした素材集めゲームってのも悪くないので安価になれば購入検討しようかなと思っています。

ここ4日くらい今更ながら龍が如く 見参!をプレイしていて先日ようやくクリアしたのでレビューしたいと思います。
ちなみに自分は龍が如くの1は途中で放置して、2,3は未プレイです。

ジャンル:アクションADV
物語性:8点
グラフィック:9点
音楽:8点
操作性:8点
和風は素晴らしい!度:10点
43点

物語はとてもおもしろいです。
宮本武蔵が主人公ということで多くの人に馴染みがあり、吉岡一門や柳生、徳川家なんかが出てきますがすんなり入っていけます。
宮本武蔵自体実態があやふやなこともあって、吉川英司の宮本武蔵もかなり創作の部分もあるみたいですが、この作品はさらに大胆に創作していますが、それはそれでおもしろいです(正直無理がある部分もけっこうあるんですが、自分は歴史物はかなりフィクションの部分が強いという考えがあるのと、史実にこだわる意味をそれほど感じなかったので気になりませんでした。気になる人は気になるかもしれません)。
キャラクターも個性的できちんとキャラがたっています。
余談ですが、プレイしていてついついバガボンドでキャラを置き換えてしまっていました。
けっこう謎めいた感じで進むので結末に向けて伏線が回収されていく過程はかなりおもしろかったです。
ここまで褒めておいてなぜ8点なのかというと、(以下若干のネタバレなので反転)エンディングに納得がいかなかったからです。
最終章自体が少しぶっ飛んでいて、そのうえエンディングが全然気持ちいい終わり方じゃありませんでした。(以上)
なんだかなーと思ったので少し減点。

グラフィックはかなりきれいです。
京都の風景、人の肌の質感や水の質感などどれもすばらしい表現でした。
祇園が舞台なので遊女が出てくるのですが、ヒロイン的な存在の吉野は相当気合入って描いているのか艶かしさを感じるほどでした。

音楽はOPとEDはZEEBRAとケツメイシなのでそこは個人の好みの問題と思いますが、作中の音楽は江戸時代の京都の雰囲気にとてもマッチしていました。

操作性も基本的には快適です。
最初は全体的にもっさりした感じがあったのですが、慣れるとそれほど気になりませんでした。
戦闘も爽快感があってなおかつかっこいいです。
遠距離移動の手段もあってつくりも親切です。
ただフリーカメラではない場所がけっこうあって、戦闘時にそこに行ってしまうと視点が限定されてしまうのでやりにくかったです。

日ごろから和風のゲームを出せと言っている自分ですが、このゲームの存在をすっかり忘れていました。
和風最高です。
全体的にすごく雰囲気があって、こだわってつくられているように感じました。
京都が舞台というのも馴染みがあることもあって非常に楽しかったです(もちろんリアルでは祇園なんて行けませんけど)。

点にも表れているようにかなり良質なゲームだと思います。
軸となるストーリーがしっかりしていて、サブシナリオも楽しめるものが多いです。
麻雀や将棋、チンチロなどミニゲームも充実していて、コレクション要素もたくさんあるのでやり尽くすには相当な時間が必要です。
クリア後に好きなだけ京の街を堪能できるモードもあります。

僕が思うにこのゲームはとことんかっこよさを追及したゲーム。
技を閃くシーンや必殺技、武蔵の立ち回りなどありとあらゆるところにそれが感じられます。
逆に言うとかっこよさの追求のためには少しの矛盾は気にしないということだと思います。
そういう姿勢で臨むと色んなことが許せますw

声優陣は大物の俳優が多くて少し不安を感じていたのですが(ロストオデッセイの悪夢)、なかなか味があってよかったです。

あと難易度ですがとても簡単だと思います。
雑魚は□押しているだけで勝てますし、回復アイテムも安価でいくらでも手に入るので戦闘での緊張感はほとんどありません。

今なら2000円を切っていてとても手軽に買えます。
普通にやる分にはテクニックを要求される場面はないので(ミニゲームなどではけっこうあります)、PS3を持っているのなら気軽にプレイしてみるのもいいんじゃないでしょうか。
comment (0) @ ゲーム雑記
剣と魔法と... | [競馬] アグネスタキオン急死(確定)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。