FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

相も変わらずデモンズソウル

2009/05/16
日ごろの不摂生と体調を崩しても変わらない不規則な生活のせいでなかなか体調が戻りません。
そんな中でも相変わらずデモンズソウルをコツコツやっています。

30時間ちょっとで一周目をクリアして今は二周目の後半。
このゲームはやればやるほど味が出るスルメゲーだと思うんですが、その味も色んな味があって飽きることがありません。
今はソウルレベルも100を越え、ステージをクリアすること自体はそう苦でもなくなったので、主にオンライン要素を中心に楽しんでいます。

このゲームは協力プレイができるのですが、チャット等の機能はありません。
ですが、みんな要領を得ていて一人プレイのときと比べてかなりさくさく進めることができます。
そんな中での無言の連帯感がとても楽しいです。
自分が生身の体のときには別のプレイヤーが黒ファントム、つまり敵として侵入してくることがあるのですが(要するにPvP)、これもなかなか楽しいですし、wikiなんかに書いてあるちょっと卑怯ともいえるような手段で攻撃してくるような人と出会ったことはなく、純粋に向かい合って対戦を楽しめています。
チャットがないのでマナーの悪さはそもそも目立たないゲームなのですが、オンラインで嫌な思いをまったくすることがないので、デモンズソウルも発売からしばらく経ち、今残ってやっている人は純粋にこのゲームが好きなんだなと思います。
かといって、一部の猛者のみが残ってプレイしているといった感じもなく、僕のような後発組のプレイヤーもかなりの数いるように見受けられます。

ただ悩みの種は僕のキャラクターが非常に弱いのではないかということ。
このゲームはレベルが1上がるごとに好きなスキルを一つ強化することができます。
肉弾戦でがしがし戦いたければ筋肉や頑強を鍛え、魔法を使って遠距離から敵を倒して進みたければ魔力や知力を鍛えるのが基本です。
自分はアクションが下手なので比較的安全に遠くから敵を狙える魔法系でキャラを育てていたのですが、その場合一旦敵に近づかれるとかなり苦しくなります。
なので体力系も伸ばして全体的に数字のバランスはよくなりました。
ただこういうスキルシステムにありがちな話で、一点特化しないと実際の戦闘能力ってのは中途半端になりがちです。
レベルも100を越えると上がりにくくなってくるので今必死に修正しているのですがかなり苦しい。
レベルを一旦下げて上げ直す方法はあるのですが、それはちょっとめんどくさし、もう一回始めからやるのもなあ。
ちょっと悩むところです。

未入手の武器を集めたいし、まだ使ったことのない武器がたくさんあるので当分楽しめそうです。

それと平行して読書熱も未だ衰えません。
僕はミステリをよく読むのですが、中古書で50冊以上まとめ買いしたので当分楽しめそう。
最近印象に残った本を少し紹介します。
といってもミステリはその性質上紹介といっても簡単にしかできないのですが。。

ハサミ男/殊能将之
けっこう有名な本ですね、よくできていました。
矛盾というか不自然な点も少しありましたが、全体的にはしっかりと構成されていて、展開も飽きさせません。

あいにくの雨で/麻耶雄嵩
相変わらずの麻耶ワールドですが、その中では比較的あっさりとしています。
いつも通りの読後感の悪さは最高です(褒め言葉)。
真相は完全に騙されました。。

ある閉ざされた雪の山荘で/東野圭吾
僕は東野圭吾ってあまり好きではないんですが、不思議な事になぜか本はいっぱい持ってます。
本格推理に食ってかかるような作品は割りと好きです。

ここからは少し私信も入りますが以前読んだお勧めのものを。
十角館の殺人/綾辻行人
昔の作品ですが今でも新鮮です。
作者で分かるようにコテコテの本格推理小説。
本格推理小説ってのは簡単に言うと、いわゆる絶海の孤島なんかに閉じ込められた人たちの間で殺人が起こり、探偵が最後にきれいに解決して終わるというもの(物凄く端折った説明です)。
人間が描けてないとか現実感があまりにも希薄等と叩かれる対象にもよくなります。
以前、江戸川乱歩や横溝正史の出現で盛り上がった本格ブームは、松本清張なんかの社会派の出現によって日陰に追いやられます。
その本格を新本格として新たなムーブメントにしたのが綾辻などの1980年代にデビューした作家たちです。
自分も本格に飽き飽きしていたところがあって、長年綾辻作品には手を出していなかったのですが、この作品を読んで、やっぱり本格もいいなと思わせられました。
大昔の作品を挙げて何を言ってるんだって感じですが。。

葉桜の季節に君を思うということ/歌野晶午
とても好きな作品のひとつです。
何重にも伏線が散りばめられていて矛盾もなかったように思います。
読後感も非常にいいものでした。
まずタイトルがいいよねw
別にミステリが好きじゃなくても十分楽しめると思います。

時間が足りないなあ。。。


comment (2) @ デモンズソウル
[雑記] デモンズとか期待の新作とか | Demon's Soulsの話

comment

No title : やまびこ @-
お久しぶりです!
相変わらずゲームに読書三昧…心底うらやましいです。なんだかもう悔しいです。
現在、僕は給料日前真っ只中で、本を買うどころか毎日の食糧すらままなりません。
10円を失うことが死に直結する勢いです。うまい棒ありがとう。
お腹が空かないように、トイレを我慢しまくってたら便秘になりました。
それはさておき、オススメのミステリーの列挙、参考になりました!
給料バブルで10円の価値が下落したら買ってみます。またよろしくー!
ちなみに、以前電話で「本格は性に合わん」的発言をしましたが、あれ撤回します。
ヒマだったので長くなりました。失礼!
…あと、最後に……僕のヴィクトリアMの本命はチェレブリタです!
2009/05/17 Sun 00:40:05 URL
No title : くろふね @5uE6dEgY
最近は財布が涼しいので、溜め込んだものを消化している次第です。
宵越しの金は持たない気質ってのは本当苦労しますね。
自分の中でのお金の価値の上下は非常に激しいです。

「本格」ってのは基本的にはおもしろくなりようがない、というのは先日話したとおりですが、だからこそおもしろい「本格」を見つけたときは本当にうれしいものです。

ヴィクトリアM当然のようにウオッカが勝ちました。
やっぱり強いですね。
チェレブリタ...?
2009/05/21 Thu 09:56:31 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。