FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Demon's Soulsの話

2009/05/09
いや~毎日死にまくってます!
デモンズソウル素晴らしいゲームですね。

まず高度なグラフィックで表現される世界観が素晴らしいです。
基本的に5種類のフィールドを探索するのですが、それぞれに個性的でかつダークな雰囲気があります。
中世を舞台にしたダークなファンタジー小説なんかを読んだときに誰もが想像するような世界がそこにあって、しばらくプレイした今でも時に立ち止まってしみじみフィールドを見渡してしまいます。

バランスも絶妙です。
まあ評判通り死にまくるわけなんですが、どのゲームでも言えることですが徐々にコツをつかめてくるのと敵の配置や道順が頭に入ることで、丁度いいバランスになってきます。
とは言ってもそこからは個人の能力にかかってくるので、相変わらず僕はけっこう死んでるわけなんですがそれでもまだましになってきましたw
死んだらステージのスタート地点まで戻されるわけですが、死にながらでも少しづつ進めると、ショートカットできる道(例えば閉められていた門を後ろから開いたり)を開いたりできてボス地点まで近づけるステージも多いです。

このゲーム辛いのは最序盤だと思うんですよね。
ほとんど説明もなくほっぽりだされて大抵の人は途方に暮れることになると思います。
そこで死にながら色々覚えていくわけですが、このゲームでは死ぬとソウルを失います。
ソウルってのは敵を倒すと得られる経験値とお金を兼ねたようなものです。
死んだら死んだ場所に再度行けば取り返せるのですが、取り返すまでにもう一度死んでしまうと最初に失った方のソウルは消滅してしまいます。
ここがミソで最初の頃って雑魚にもけっこう手間取ったりして死んで落としたソウルを回収することなく再び死んでしまうことが多々あって一向にソウルが貯まらない状況ってのがあるわけですよ。
そして貯まったなけなしのソウルもレベルアップに使ったりしてると(レベルはソウルをお金のように支払うことによって能力値をあげるシステムです)、今度は回復アイテムがまったく貯まりません。
レベルアップも飛躍的に強化できるわけではなく、少しづつ強くしていく感じです。
この最もきついと思われる序盤を気合で(としか言えないのが悲しい...)乗り切ると、自分なりの稼ぎ場所やパターンを確立でき、それなりに冒険が楽になると思います。

僕のように腕に自信がない人は最初から魔法とMP自動回復がある貴族で始めて、確実に回復アイテムを落とす敵(けっこう強い)を遠くから狙撃して回復アイテムとソウルをちまちま集めると冒険が楽になると思います。

オンライン機能も個性的でおもしろいです。
血痕を調べることによって他のプレイヤーの死に方を調べることができて危ない場所を事前に察知できます。
強い敵の周りや、暗くて見えにくい落下の危険のある場所は血痕だらけですw
まだまだレベルも低くて装備もしょぼいので迷惑をかけそうで他のプレイヤーと協力プレイしたことはないのですが、これも非常におもしろそうですね。
ただ進入してくる黒ファントムはきついです。
自分がソウル体ではない生身の状態の場合、味方としてソウルサインを出している他のプレイヤーを呼び出して協力することもできるのですが、他のプレイヤーが黒ファントム、つまり敵として進入してくる場合もあります(強制でいきなり侵入のメッセージが出ます)。
このマッチングがかなりレベル差があっても行われるらしくて(追記:マッチングのレベル差はそれほど広くないです、ただしキャラのレベルとプレイヤーの経験値が一致しないのがこのゲームの特徴です)、まあ実力的にも負けてるんでしょうけど、ごつい見たことない装備の黒ファントムに当分使えそうもないすごい魔法を使って殺されたりすると何だかなあってなりますw
これがこわいので自分は基本的にはソウル体のままプレイしています;w;

PS3を持っている方には自信を持ってお勧めしたいところなんですが、かなりアクが強いというか人によってはぶん投げたくなるゲームでもあると思います。
ただ好みはあれど、ゲームのつくり自体はとても丁寧でしっかりしています。
はまれば物凄い魅力のあるゲームだと思うのでそうなるとマゾいのなんて関係なくなります(たまにイラっときますがw)。
アクションが得意ではない自分でもここまで言えるので興味を持った方にはぜひプレイしてもらいたいなと思います。

今ならぶん投げても中古でそれなりの値段で手放せると思いますw


comment (0) @ デモンズソウル
相も変わらずデモンズソウル | [雑記] ご無沙汰してます

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。