FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[Xbox360] 今更ながらテイルズオブヴェスペリアの感想等

2010/09/10
最近はXbox360版のテイルズオブヴェスペリア(以下TOV)をプレイしていました。
約2年も前に発売されたゲームですが、評判は上々。
Xbox360版なのは借り物だからで、特に深い意味はありません。

一通りプレイして、実績も1000にしましたが、放置も含めてけっこう時間がかかりました。
今更ですが、感想をまとめてみます。

良かった点
・美麗なアニメ調のグラフィック
グラフィックはかなりきれいです。
リアルな描写は捨てて、あくまでアニメ調、デフォルメした描写にこだわっています。

・魅力的なキャラクターとスキット
テイルズシリーズということで、キャラクターは個性的できちんとツボを押さえています。
声優も上手で見ていて安心感があります。
またそのキャラクター達が掛け合うシリーズ恒例のスキットがおもしろいです。
量も豊富で、キャラクターの考えもよく分かって、非常に良いシステムです。

ユーリは主人公として型破りなタイプで、そこがとても魅力的でした。
正義のためとはいえ、主人公が人を殺す直接的な描写があるRPGはめずらしいと思います。
あとTOVの物語はカロルの成長譚でもあると思います。
ユーリはある意味最初から完成した主人公なので、別のキャラの成長が盛り込まれているのは非常に良かったです。

・図鑑の充実
モンスター図鑑やアイテムのコレクション図鑑が充実しています。
グラフィックや説明があって非常に分かりやすいです。
欠番が一目で確認できないのは残念。

悪かった点
・つくりが雑
すごく大雑把な言い方ですが、つくりに雑な点が非常に多いように感じました。
例えばサブイベントのフラグが被ると片方が発生しなかったり、フラグ自体が消滅してしまうことがあります。
実績にも必要な要素でもあるのにパッチの配信等で改善されることはありませんでした。

周回プレイが前提なのに、会話イベントシーンが飛ばせないのも非常にストレスが溜まります(X+Aで多少早くなります)。
PS3では丸々飛ばせるように改善されているのですが、Xbox360版の開発時点では必要と思わなかったのでしょうか。

ダンジョンは非常にしょぼいうえに、行けそうで行けない場所がけっこうあって紛らわしいです。
思い出しようにたまにある仕掛けも正直面倒くさいだけで、まったくおもしろくありませんでした。
またダンジョンで自由に動ける場所が非常に狭いので、戦いたくもないのに戦闘せざるをえないときが多々あります。

ミニゲームも工夫が足りないように思います。
例えば客の注文通りに料理を運ぶミニゲームは、これやって少しでもおもしろいと思う人がいるのかと疑問です

・制限の謎
最初の状態ではアイテムが15個しか持てませんが、2周目以降GRADEを払うことで99個持てるようになります。
これって果たして必要なんでしょうか。
15個しか持てなくても微妙に不便な時があるくらいですが、最初から好きなように持てるようにすればいいと思ってしまいます。

歩く速度が速くなるアイテムがありますが、FF5のダッシューズなどのように劇的に速くなるわけではありません。
だからこそこのアイテムって必要なのかと疑問です。
宿屋やアイテム屋が街の奥にあることも多く、歩かされる場面が多いので、少しでも快適にプレイさせようと思えばアイテムで速度上昇などではなく、最初から快適な速度に設定すればいいのではないでしょうか。

その他の気になったところ
・戦闘
戦闘テイルズシリーズの売りだけあってよくできています。
必殺技をうまくつないだり、多彩なスキルの組み合わせなど純粋に楽しめます。
ただ微妙にもっさりしていて、回数を重ねるとだるくなる部分があります。
敵をダウンさせると攻撃が当たらなくなるのも、非常にテンポを悪くしているように感じたのですが、これは操作の仕方が悪いのかな...

・音楽
音楽は魅力を感じた部分はまったくありませんでした。
最近音楽が良いゲームばかりしていたのもあって、ハードルが上がっていたのかもしれませんが、記憶に残る音楽が一曲もなかったのは残念です。

・実績
実績は基本的にはバランスがよいと思います。
ただいくつか難があるものも...
称号や図鑑には時限要素が絡むものが多々あります。
2周くらいは最初から前提にありますが、注意深くプレイしないと何周もしなければならないのはちょっと...と思います。
また総移動距離10万kmの実績などは普通にプレイしているだけでは取れないばかりか、コントローラーを固定してかなりの時間(大体5時間以上はかかると思う)放置しなければいけないのはやり過ぎかなと思います。

まとめ
良かった点と悪かった点の量を比べれば分かりますが、総合的には不満の方が多かったです。
ただおもしろくないゲームというわけではなく、色んな部分が惜しいと感じました。
むしろさすがにシリーズを重ねてきただけあって、よく出来ていると思わされている部分が多く、だからこそ気が利いていない部分が際立っています。
あとすごく個人的な事情ですが、直近にプレイしたRPGが、私的気の利いたRPG歴代一位のゼノブレイドだったことも評価に影響していると思います。
あれをやってしまうとなかなか他のRPGを評価し難くなります...
という訳で若干不遇な面もあるTOVですが、普通にプレイする分には楽しめ、細かいところに目を向けると粗が目立つというのが個人的なまとめです。

最後に実績コンプのために辿った道のりを紹介。
まず1周目はスペクタクルズを使ってモンスター図鑑を埋めつつ、2周目以降の負担を減らすために出来る限りサブイベントをクリアして称号等を取っておきます。
合成も一気にやると面倒なので、物語を進める中で色々作っておきます。
連コンを使ってGRADEを貯めたり、FSを稼いだりします。
シークレットミッションは必ず全て達成して、それによって発生するサブイベントもクリアします。
出来れば記憶術式も全て巡っておきたいところ。

1.5周目として低レベルチャレンジャーを目指します。
GRADEで経験値0.5倍やアイテム引継ぎ等を開放したうえで、ホーリィボトルを使って敵を避けて進みます。
他に特に気をつけることもなく、4,5時間程度でクリアできると思います。

最初のクリアデータを使って改めて2周目を開始します。
もちろんGRADEは必要があるものは全開放。
1周目で取り逃した時限要素はあらかじめきちんとチェックしておきます。
それらを埋めながら、イベント等の会話は全てスキップ、ホーリィボトルでザコを回避して進めます。
15時間以内でクリアするのが目標ですが、よっぽど時間をかけて進めない限りは余裕で達成できます(僕は1周目で取り逃した時限イベントを含めても11時間程度でした)。
クリア後にまだ取得していない実績を埋めてコンプリート!
放置も含めて軽く150時間くらいはかかると思います。
comment (0) @ Xbox360総合
バットマンをプレイ中 | [Xbox360] ホリパッドEX2ターボ ホワイト買いました

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。