スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[映画] ブラインドネス鑑賞

2010/04/03
ブラインドネス鑑賞しました。
この映画非常に重かった...見るのにはかなりエネルギーが必要です。
日本から伊勢谷友介と木村佳乃が出演したことでも話題になりました。

以下ネタベレを含みます。

ストーリーは一人の男(伊勢谷友介)が失明するところから始まります。
医者も原因が分からずとまどっている中、診断した医者を始めその男に接触した者たちが次々に失明していきます。
失明は原因も分からぬまま感染性のものであることだけが明らかになり、国中で感染が広まっていき感染者は隔離されます。

隔離された場所はもともと精神病院だった場所で、劣悪な環境です。
外では軍が監視していて少しでも外に出ようとすれば問答無用で射殺されます。
最初に男を診断した医者の妻は、なぜか感染しないのですが夫を思い失明したと偽って夫ともに隔離場所に向かいます。

徐々に感染者たちが集められるにつれ部屋ごとにコミュニティができ、その間で対立も生じます。
医者を中心にあくまで民主主義的な方針をとる第一部屋に対し、第三部屋は王を自称する男が現れ、銃を背景に食料の独り占めを始め圧制を開始します。
王たちは最初食料と引き換えに金品を差し出させますが、それが尽きると今度は女を差し出すことを望みます(ここら辺は見ていて本当にしんどいです)。

そんな中ついに第一部屋の住人たちも反旗を翻すことを決意して、第三部屋の住人たちがいる場所に向かいますが、そこで火事が起こり(見ていて火事の原因がよく分からなかったです)第三部屋の住人たちはあっけなく死んでしまいます。

住人たちは外で見張っているはずの軍に助けを求めますがなぜか反応がありません。
そこで外への扉を開いてみるとあっさりと外へ出られます。
唯一目が見える医者の妻をたよりに自分たちの住んでいた街に向かいます。

街は荒廃しており人々は皆失明していました。
そこで何とか食料を集めたところで雨が降ってきて、人々は笑顔で雨に打たれ体を洗い流します。
医者の妻たち一行は医者の家へ向かい、そこで一緒に暮らすことを決めます。
皆心の繋がりを持ちそれなりの平穏を得たところで、最初に発症した男が急に視力を取り戻し、皆自分も視力を取り戻せる希望を持ち、医者の妻は次は自分の番だと空を見上げる場面で物語は終わります。

以下考察。

皆が視力を失ったとき世界の様相は一変します。
見てくれを気にしなくなり全裸で生活する人もいるくらいです(医者の妻が失明していないということは極一部の人しか知りません)。
そんな世界では逆に一人目が見えることは少数派であり、一体感を一人だけもてません。
そしてもうひとつの逆説として、この施設には元々盲人だった老人が一人紛れ込んでいて、彼は目が見えないことに慣れているので皆が急に失明した世界では権力者となります。
人間の今ある強さや弱さなど脆いものである、という示唆に思えます。

さらにこの映画では目が見えなくなったときの人間の弱さが描かれているように思えますが、それはちょっと違うんじゃないかなと思います。
目が見えなくなったことで起こる出来事は皆僕たちの日常でも十分起こりうる出来事じゃないかと思います。
つまり元々ある欲に過ぎないと思うのです。
目が見える見えないに関係なく、人間は弱いものであるという事実を描いたんじゃないでしょうか。

ただそれだけではなく、目が見えないことで本当の絆を得る人々もいます。
そこに外見や地位、歳や人種は関係ありません。
その傍証として、最後に医者の家に集い真の絆を得る人々は人種も歳もばらばらです。
そしてこの作品では登場人物には一切名前がありません。

もうひとつ作中で重要なのは雨のシーンだと思います。
最後ら辺で皆が雨に打たれる場面は一見しただけでは全く意味が分かりませんでしたが、かなり重要なシーンだということは推測できました。
その直前に「パウロの回心」の話が描かれていたことと合わせて考えると、やはりキリスト教をモチーフにして考えるべきだと思います。
キリスト教の知識がここでもまた必要か!と思わされましたが、だとすると失明の原因は神の仕業だったと考えるべきでしょう。
神は人間が目に頼り、物事や人の本質を見ることのなくなった人類に対する一種の戒めだったのではないでしょうか。
そして最初に失明した男が視力を取り戻すのは、目に頼ることなく本当の絆を得ることで神の赦しを得たのではないでしょうか。
ただ作中で「パウロの回心」の場面で、神の罰ではないと言われていたのでちょっと微妙な解釈ですが。
comment (0) @ 映画
「グラスホッパー」の解釈 | 龍が如く3とヘビーレイン購入

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。